TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 雀鬼と雀鬼流と雀鬼漫画の歴史 桜井章一年表

ショーちゃん、または雀鬼こと桜井章一
麻雀界、麻雀漫画界に生きる者、桜井章一を避けては通れず。雀鬼研究のための年表を以下に公開する。ひとまず『近代麻雀ゴールド』が急速に雀鬼色を強める97年までをまとめた。



桜井章一年表 1980〜97年





1980年9月?

  • 『月刊 近代麻雀』100号達成記念に行われた「太平洋上麻雀大会」に桜井章一が一般参加、2位に入賞。優勝の森雞二棋士・当時2段)がゲスト参加を理由に優勝を辞退したため、繰り上げ優勝。


1984年10月

    (写真は竹書房版単行本)
  11月

  • 『月刊 近代麻雀』12月号に「山に残った牌が透けて見える男」としてインタビュー記事掲載。この後約半年、編集長が交代するまで誌面が末期近代麻雀ゴールドを予言するような雀鬼ネタ多数となる。なお、雀鬼ネタをやっていたのはある特定の編集長であり、当時はこの編集長の在任期間のみ桜井章一が登場していた。ちなみにこうなる直前の編集長は来賀友志(当時は本名で編集長をしていた)で、来賀先生が辞めた途端誌面が雀鬼大会になった。


1985年2月

 3月

  • 『別冊近代麻雀』4月号より、志村裕次+いつきたかし「勝組」連載開始。

 6月

 12月

  • 「勝組」連載終了。


1987年7月

 11月

 12月

  




1988年3月

  • 麻雀荘「牌の音」下北沢店、町田店がオープン。


1988年8月


1990年4月

    
 7月


1991年1月

  • 雀鬼会第2期選抜、第1期Jrスタート。

 4月

  • 第2期雀鬼会終了。優勝・吉田勇。

 8月

  • 第3回麻雀最強戦にて伊藤優孝が優勝。当時はスチールたわしのような髪型だった。『ゴロ』の伊原さんは絶対夢見過ぎ。

 11月

  • 北海道にて第1回雀鬼祭開催。以降、94年夏まで全3回が開催される。

 12月


1992年5月

  • 第4期雀鬼会終了。優勝・佐々木秀樹。

 7月

  • 第4回麻雀最強戦読者大会で多田和博(雀鬼会)が優勝。

 8月

  • 第4回麻雀最強戦読者大会で雀鬼会代表・佐々木秀樹が優勝。

 12月

    

  • 第5期雀鬼会終了。優勝・佐々木秀樹。


1993年5月

  • 第6期雀鬼会終了。優勝・伊藤優孝。

 7月

 8月

  • 第5回麻雀最強戦で雀鬼会代表・山田英樹が優勝。雀鬼会は以降の最強戦を2009年まで出場辞退。

 10月

    
 12月

  • 第7期雀鬼会終了。優勝・塩飽崇。


1994年2月

    
 5月

  • 「牌の音」にノーレート体験卓設置。
  • 第8期雀鬼会終了。優勝。土田浩翔。

 10月

    
 12月


1995年3月

    

    
 4月

    
 7月

  • 第10期雀鬼会終了。優勝・立野義和。

 8月

    

    
 10月

  • 「超絶LIVE」開催。確か出版記念パーティーみたいなものだったはず。

 11月

  • 林明大『雀鬼と陽明』(三五館)出版。

    




1996年1月

    
 2月

  • 第11期雀鬼会終了。優勝・水上繁樹。

 6月

    
 7月

  • 第12期雀鬼会終了。優勝・斉藤達也。

 8月

  • 第8回麻雀最強戦読者大会で近藤康道(雀鬼会)優勝。

 9月

    
 10月

 11月


1997年1月

    
 2月

  • 第13期雀鬼会終了。優勝・田中宣行。

 3月

 4月

  • ビデオ「雀鬼流」壱弐(安田潤司監督)リリース。

 5月

 7月

  • 第14期雀鬼会終了。優勝・板場貴弘。

 8月

  • 林明大『心が技術に勝った』(三五館)出版。

    
 10月

    
 11月

 12月


1998年1月

  • 第15期雀鬼会終了。優勝・多田和博。

 3月




ショーちゃんは『近代麻雀』登場以前にも、飯干晃の取材により『週刊文春』だかに登場しているとの情報を得て70年代〜80年代頭の『週刊文春』を調査したのだが、残念ながら該当記事を見つけられなかった。念のため『週刊朝日』『週刊サンケイ』もざっとチェックしたが発見できず。大宅壮一文庫の記事検索でも見つからなかった。別記事の文中で触れられているなどの特殊な掲載状況なのだろうか。

ショーちゃん情報をお持ちの方はコメント欄にぜひ。また、誤りや補足情報なども寄せて頂けると嬉しいです。

文中敬称略
参考:『近代麻雀ゴールド』1998年5月号 「HISTORY OF 雀鬼流」、『別冊近代麻雀』1984年10月号、11月号ほか