TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

中釜さんBUKKAKEられ事件

最近、「ゴラク」がますますおもしろすぎて困ります。

ゴラクつながりということで、ニーズは皆無かと思いますが、梶川良+ほんまりう『指ぐれ』日本文芸社)の記事に単行本未収録分のあらすじを補いました。この作品は86?〜88年1月にいまは亡き「麻雀ゴラク」という麻雀劇画雑誌に掲載された作品です。「麻雀ゴラク」にはほかに来賀友志+峰岸とおるハッカー*1や「打ちっ子」*2が載っていて、「別冊近代麻雀」とはまた違った汁をほとばしらせていたようです。
ますますニーズはないかと思いますが、ねこそぎ死滅したバブル期の麻雀劇画雑誌についても今後積極的に書いていきたいと思います。

*1:昼は高校教師、夜はハッカー……というか代打ち?の主人公が女子高生とともに活躍する話。来賀作品にしてはプッツン度は低め。

*2:作者忘れた。タイトルはとんまだが華麗な絵の劇画。ヤクザ系麻雀漫画。