TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 麻雀漫画流行語大賞

今年のキンマを整理しました。
他ブログ様での2006年麻雀漫画大賞発表が楽しみです。
そういうわけで(?)私は今年の麻雀漫画で使用された言葉の中から勝手に流行語大賞を決めたいと思います。


流行語大賞
「それが見たくて…見たくて…」

闘牌伝説アカギ』鷲巣様。声の出演は津嘉山正種。第15話「逢魔が時」2006年1月10日放送。
アニメ版のアカギ。この台詞が聞きたくて…聞きたくて…アニメを必死に見ていました。卒業制作でそんなことしてる場合じゃなかったのに。アニメは声優さんの演技が大変すばらしかったです。



┃使用頻度賞
「打てるジャン!打てるジャン!彼」

来賀友志+嶺岸信明天牌』北岡の台詞。
この台詞自体は今年の台詞じゃないと思うが、これに倣ってフレーズを繰り返して使うことが流行した。「見たよ!見たよ!」など。返し言葉「だよね!」もあわせて使用する。というふうに北岡語大流行。どこで流行していたのかと言うと、誰かが何かアクションを起こすと次の瞬間三家和するくらいの狭い世界で。ただ、「だよね!」を普通に使うと「古いよ」と言われる。



┃台詞賞
「ミーコ おまえはばくち打ちじゃない 競技プロだ その誇りを持て」

片山まさゆき打姫オバカミーコ』波溜の台詞。
オバカミーコの中でも一番好きな台詞です。片チンにしか書けない漫画なんだなと思いました。11/1号の『リスキーエッジ』の中村さんの「かえしてくれー」もよかったです。あの台詞のおかげでで今迄のリスキーエッジにあった名言を忘れました。



┃小ネタ賞
「アグリかるチャン」

天獅子悦也『むこうぶち』。往年の漫画家の作品名。
去年の「月刊有機農業」といい、天獅子先生は農業がやりたいのか。



┃扉のキャッチ賞
「平和のサインはシュワッのポーズ」

天獅子悦也『むこうぶち近代麻雀4/15号
傀が1000点棒をかざす絵の横に書いてあったキャッチ。



┃サブタイトル賞
「雀士なら打つだろう」
片山まさゆき打姫オバカミーコ』第41話(近代麻雀3/1号)。
第52話「ピトッとラヴテンパイ」(8/15号)も好きです。片チンはタイトルにセンスが出ていますよね。



┃おまけ 検索キーワード賞
「八崎真吾」
当ブログの、はてなダイアリー標準搭載のリンク元解析からわかる検索キーワードで最も多かった言葉。ほかも「茶柱立樹」「めろん畑桃美」など、片山まさゆきキャラクター名が多かったです。





世間様での流行はわからないので自分の中で流行ったフレーズにしてみました。
「これがあるだろ!」「こっちのほうがはやったジャン!」という方はぜひ教えてください。私も思い出したら書き足します。

そして、どなたかが「今年一番カッコよかった闘牌大賞」をやっていただけるといいのになと思います。出来ればそれには詳しい闘牌解説をつけて下さい。個人的には、「今年のセンセーショナルなアガリ大賞」は鷲巣様の小四喜字一色でした。でもそれももう1年前の出来事になりつつあります。今年何局進んだかについてはあまり考えたくありません。