読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 今週の天牌のアオリは「No.1 麻雀劇画!! いざ、新たなステージへ!!」

    • 何か嫌なリアリズムだなおい。
    • 東京行きの新幹線で瞬チャンの隣に座った帽子の女性……それは何とゆかだった。
    • ゆかは女優として活躍していたものの、親がヤクザ=仲邨組組長の娘だとマスコミに書き立てられドサ廻りに転落したそうです。
    • ……って、昭和感はんぱねえ。1970年前後の東映か松竹のどうしようもないドロドロ現代劇でそういう話ありそう。女衒の梅宮辰夫に使い捨てられるイメージ。
    • っていうか、ゆかのやっていた「女優」っていうのが一体どういうものなのか、全くイメージできないんですけど……。
    • 瞬チャン、ゆかが女優として活躍していたことを全く知らないらしい。私もテレビ全く観ないんで沖本先生をどうこう言うことはでけんのですけど、沖本先生自分(と麻雀)以外のことにほんと関心ないんスね。たまにはチェックしてあげればいいのに。
    • うー子は瞬チャンとはデートしなかったそうです。「そりゃそうだろ」と思ってしまいました。「天牌の登場人物の中で誰とデートしたいかランキング」の最下位を争う男だろ。沖本先生は。普通に考えたら沖本先生ガン無視でよっちんを選ぶで。
    • 以上、色々言い過ぎまして誠に申し訳ありません。
    • 一方我らが紅富士では三國さんが井河クンと対決しようとしていたのであった。
    • キャー! 三國さーん! で以下次号。
    • 山田さんはどうなったんでしょうか。