読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 今週の「天牌」のアオリは「博徒の矜持が激しく揺れ動く」

「晃は?」
「大会の副賞の福井旅行に津神はんと二人で出かけたわ」
「え!?」



  • 来賀友志+嶺岸信明天牌第574話……東尋坊
    • 金曜サスペンス劇場 湯けむり雀荘メンバー殺人事件 〜發がない麻雀牌セットの裏切り〜
    • 初めての出会いで感じたあの博徒の滾りを裏切らないでくれと菊多に言われた荘さまが感受した恥辱、など字面に起こすと何の漫画かわからなくなる前半パートもここ最近ではかなり奮った展開でありましたが、後半がもっと奮ってました。
    • あの麻雀大会の賞品はガチで「優勝者と準優勝をペアで福井温泉旅行ご招待」だったようです。
    • いえ、疑いの気持ちなど1ミクロンもございませんでしたが改めてハッキリ言われたので二度見してしまっただけです。むしろ、あの麻雀大会自体が壮大な仕込みとしか思えませン。
    • そして福井と来たら、イヨッ、待ってました東尋坊!!!!!
    • えーーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!?!?!??!?!?!?!?
    • 津神先生は私が思っていた以上に小物であった。このドサンピンが。悪を滅ぼすのはそれ以上の悪だ。いてまえ菊多!!!
    • で、来週は東尋坊に至るまでの晃クン&津神先生の湯けむりしっぽり温泉紀行話が展開されるんですねわかります。で以下次号。ゴールデンウィーク、盆、正月休みの直前になると天牌は急に興奮するという法則は今回も無事守られた。檻のない動物園、それがゴラク。首輪のついてない猛獣、それが天牌