TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 今週の天牌のアオリは「卓上統べる絶対者 津神元、疾走る!!」

  • 来賀友志+嶺岸信明天牌第571話……ギャンブラーの矜持
    • 聞こえる!!! 地の底からの亡者の叫びが!!! 早く温泉(ry
    • 津神先生はサイの目も自由に操れるそうです。グラサイとか野暮なことは言わねえ。髪の毛力(かみのけ・ぢから)だ!!!!!
    • 菊多は自分が参戦するというより場を作り上げる黒子に回っている模様。
    • 今回のみどころは、一発消しでやむを得ずリャンメンからチーした荘さまの悔しそうな表情と、超久々に本編登場(?)の黒沢さんの帽子のツバの長さですかね。っていうか星野さん、黒沢さんはどうするかじゃねえ、アンタがどうするかが問題なんだよ!!! 男を見せろ源八!!!!!
    • で、津神先生全員飛ばしかで以下次号。単行本が外伝・今月、本編・来月というありえないスピードで出てびびっています。ちなみに外伝20巻は『野獣の王国』と同時発売(11/27)!

再度告知!
あさって23日(祝・火)、中野ブロードウェイで開催される「資料性博覧会03」にサークル参加します。

資料性博覧会03

  • 11月23日(火・祝)12:00〜16:00
  • 会場    :中野ブロードウェイ4F
  • サークル名 :TOKYO巡礼歌
  • スペース  :11(1番倉庫)
  • 頒布物


「スーパーズカン 1本場」

    • A5/本文240P/頒布価格:1500円/編著:じ〜&四方田
    • 内容詳細はコチラをご参照下さい。


「来賀友志 六万字インタビュー」

    • A5/本文90P/頒布価格:1000円/編著:タカヤマ&四方田
    • 内容詳細はコチラをご参照下さい。

実は当日販売されるカタログにはある告知を出していたんですが、調査が間に合わずそちらは断念しました。申し訳ありません。そのかわり、麻雀劇画を紹介するペーパーを無料配布します。今回のテーマは、重厚な麻雀劇画を作画させたら右に出る者はいない漫画家、甲良幹二郎特集。
というわけで、みなさまどうぞよろしくお願いいたします!