読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 近代麻雀 2010年7/15号

麻雀プロとして生きるとはどういうことか。
最近、1980〜1987年頃の「近代麻雀」(活字のやつ)を読んだ。で、そこに麻雀プロにアンケートをする企画が載っていて、恐ろしいことにその設問の中に「収入の手段は?」という項目があった。多くの人は雀荘勤務or経営とか原稿書きとか劇画原作とか書いてたんだけど、青柳賢治が「自営業」って書いてて、「こいつは本物のプロ雀士だ!!!!」と思った。一瞬、麻雀プロという職業=自営業って意味で書いてるのかと思ったんですけど、実家が自営業だから自営業って書いてるんですよね? 『雀狼たちの肖像』のインタビューで「麻雀で天下を取りたいと思ったことは一度もない」と答えていて、この人すっごいドライやなと思った覚えがあるが、若い頃からドライだったのね。ドライというか、強烈なリアリストというか。なぜそこで「自営業」と書いたのかは私にはわからないけど、最も地に足がついた、現実的な回答だった。

でもね、どの人の答えを見てもその人なりの麻雀への熱意が感じられて、そのアンケートはとてもおもしろかった。あのアンケートに雀荘勤務とか原稿書きと答えていた、今となっては誰も名を知らぬプロの人たちは今、どこへいって、なにをしているんだろうか。


  • 来賀友志+嶺岸信明「麻雀群狼記 ゴロ」
    • 「自分らしく生きる」ということは「宇宙人として生きる」ということ。その難しさ、果たしてアナタはご存知カシラ?
    • 朝丘先生に、ヤクザの賭場へ出入りしているようならプロとして誌面に出ることは出来ないと言われた安ちゃん。突然過去を語りだす。
    • これ実話ですか? 知らんかった。
    • 安ちゃんは全然お父ちゃんに似とらへんな〜〜〜〜〜〜。ちびっこのときより今のほうが可愛い顔しとるでこの子。
    • 場面は変わって久々の「東」。おおっ窪田はン久しぶり!!! 窪田はンに会ったらぜひ教えよと思とったカエルまめ知識があったんやけど、あんまり会わへんもんで忘れてもうたわ〜〜〜〜〜〜
    • で、伊原さんは? 伊原さんは伊原さんは伊原さんは伊原さんは〜〜〜〜〜〜!?!?!?!?(お前は出禁だァ!)
    • 結果的にミス、の繰り返しで本調子じゃないご様子の安ちゃん。こういうのは辛いよね。でも、ここが安ちゃんの腕の見せどころじゃない?
    • ちゃうちゃうちゃうんちゃう? ちゃうちゃうちゃうわ〜 ちゃうちゃうちゃうね〜〜〜〜〜
    • 安ちゃんも梅雨突入、湿りっぱなしで以下次号。
    • 次号からいきなり合宿とか始まんねえかなあ。
    • え? 合宿で何をするかって? ヤダナア〜〜 麻 雀 ニ決マッテルアルヨ遼チャン!!!!!!*1
    • ところで「ゴロ」の次のページの最強戦の案内広告に渡邊和弘氏の写真が載ってますが、この方、若い頃けっこうイケメンちゃいますか? いや、昔の「近代麻雀」を漁ってたときに見たんですよ。何かのタイトルで上位に入ったらしくて、記事に写真が載ってて。もちろん若い頃の鳴海はンとは全然感じが違ってて、例えて言うなら「天牌外伝」に出てきたゆるふわおっとり雀ゴロくんをもうちょっとキツい顔にした感じかな〜〜。そう思わん?(誰に同意を求めているのか自分でもわかりません。誰かにわかってもらおうとも思っていません。)
    • 最後になりましたが、本日6月15日は嶺岸先生のお誕生日です。今日で51歳ですかね? イケメン麻雀打ちを描かせたら右に出るものはおろか左にも誰もいない嶺岸先生の、今後のご健康とごハッスルを願いまして、乾杯!!!!!!!!
  • カラスヤサトシ「私利私欲!まあじゃあん入門」
    • プロ「級」って何だよ、プロ「級」って!!!! おいらたちが今してんのは「プロとは何か」って話なんです!!!!
  • 片山まさゆき「満潮!ツモクラテス」
    • え、ここまでくると事実上の続編のような……。『オバカミーコ』では描ききれなかった「なぜ競技麻雀なのか」「私にとって競技麻雀とは何なのか」を今回こそ描ききることができるのか? それともまた新たな境地へ?

*1:温泉とか浴衣とか半(ry とか同(ry とかは全部オマケですパセリです福神漬けです!!!!!!!!!