読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 雀首-Jang Kubi- 第8話「負のスパイラル(1)」

雀首
    • 今夜のジョー様はスピリチュアル。
    • 陽介さんを撃ったスナイパーを雇っていたのはメガネダンディオヤジだったらしい。
    • 先に言っていいですか? このオヤジ、ジョー様の父ちゃんとかじゃないよね?
    • ムチムチプリン秘書、絵上手すぎ。よっしゃ、天牌の吉田ハンと一緒にジャンル "来賀" でコミケに出撃やで!!!!
    • 今日もフリー雀荘に行くジョー様。もう、本当に麻雀が大好きなんですね。ジョー様は。
    • ジョー様は乱暴に扱われて転がり落ちた牌を拾い、ハンカチで拭いてあげていた。あんたさっきそのハンカチでハナ拭いとったやろ!!!!!!!!!!!
    • そこで一言「少々 麻雀で仕事をさせて頂いている者です」
    • 五月女アモン様……。
    • もみあげが個性的なファッションデザイナー、五月女アモン様が登場。もはやどこからどうツッ込んでいいかわかりかねますが、打ち上げの予定:一次会→ギロッポンで呑み、二次会→雀荘、三次会→かわいコちゃんとホテル……私なら三次会から行きますね。
    • いきなりこんなとこで言うのも何ですが、来賀作品のお色気関係ってマジに全然心がこもってないですよね。『カリスマ』でキモいオヤジが「なんとこいつは生娘だったか」とか言うシーン、まじびびりましたわ。心がこもってなさすぎて。性癖まるだしにされても困りますが、ここまで全く心がこもっていないのもすごいですわ。
    • どんどん手がよくなっていくジョー様。牌を愛しているからですね。
    • 脊髄反射で納得している私でございます。
    • 右6はラッキーの目
    • 今日の感想が支離滅裂なのは、私のせいではなく本当にそういう話だったからです。なんのこっちゃな出だし、今回は3話以上の連続ものになるのかしら。次号は休載。
    • ところでコリアン・パラムの「一緒に食事をしていて、途中で片方が死んでいても気付かないほどおいしい食べ物」ね。私、「一緒に打っていて、途中で対面が死んでいても気付かないほどすごい麻雀」は見たことありますよ。『麻雀蜃気楼』で。