TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 雀首 -Jang Kubi- 第1話「牌術師ジョー」

は 初めてお会いできた 入社して5年 あの御方がこのホテルの株主であり 世界有数のカリスマデイトレーダー 小日向ジョー様 (原文ママ)(男子を素で「ぽッv」とさせる麻雀漫画を書けるのは来賀先生だけ!!!!)

あらすじ
凄腕デイトレーダー・小日向ジョーは、闇の金を浄化すべく裏世界の守銭奴たちと麻雀で勝負する。その目標額は1兆円!!! 記念すべきターゲット第1号銘柄は、ギャルメンをAVに沈めて23億もの隠し財産を築いたギャル雀経営者。通しや差し込みでレツを組む3人に、ジョーはどう対抗するのか?

    • 来賀先生の新連載が「プレイコミック」でスタート。コメント欄で教えて頂くまで存在に気付きませんでした。そもそもプレイコミック、私の行動範囲*1に売ってないので……。八重洲と中野のオヤジがたむろするコンビニ計13軒回ってやっと発見したときには、嬉しくて涙が出そうになりました……。
    • 作画の人は秋田書店系の人ですかね? 比較的若向けな絵ですなっつか、タカヤマさんも書かれている通り、ホモマンガみたいな絵だなと思いました。私も目が腐っているんだと思います。おそらく麻雀漫画初挑戦か、描いてて数話くらいの方だと思うけど、見せ方が結構工夫されてる。確かにちょっと見づらいというか、麻雀牌って物理的にそうならないのでは?的な不自然さは気になるけど、まあそのうち慣れるでしょ! がんばって!!!
    • 一般誌で主人公がデイトレーダーって……???と思ったが、普通に麻雀漫画。面白かった。とにかく読みやすい。なぜ麻雀で勝負しますかというのはさて置き、一般誌なので確かに麻雀は控えめ。でも適当ではない。わかりにくい箇所、細かいことは解説役が全部解説してくれるので、サラッと読める。その代わりクレジットがついていないと来賀作品とはわからないかも。今後の濃縮に期待。
    • 300-500をとくいげにアガる雑魚。安いアガりはイケメンじゃないとキマらないネ☆
    • あと、あのムチムチプリン秘書は秋田書店的に入れなきゃいかんかったんですかね? ゴラク・ザ・猛獣放し飼いとキンマ・ザ・どうぶつえんではありえないキャラ。あの22歳の男の子をすごい美少年にした上でジョー様の秘書兼パートナーにしたほうが自然では?(来賀的な意味で) どのみちフェードアウトしそうだけど……。
    • ストーリー寄りの麻雀漫画*2として今後どうなっていくのか、楽しみ。
    • つか、今日はたまたま見つかったからいいけど、私は今後プレイコミックをどこで買えばいいんでしょうか……。チャンピオンレッドとかだとすぐ見つかるんですけどね。チャンピオンレッドにも来賀先生なら0.5秒でなじめると思います!!! 知らんけど!!!

*1:23区内ですよ、23区内。

*2:天牌外伝もストーリー重視系だけど、あれはド演歌なので。