読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

今週の「天牌」のアオリは「激闘、苛烈――!! 第二次赤坂決戦ッ!!!」

    • 星野さんのキャッチコピーの「恩讐越えし修羅」の「恩讐」の「恩」って何やねんと思ってたんだけど、なるほど黒沢さんと入星さんのことね*1。しかし星野さんがそんなにも黒沢さん入星さんに入れ込んでいたとは知らなかった。
    • ポキッ(全天牌読者の心が折れた音)
    • なぜか3ページだけ挟まる大阪。これが間3ケンってやつですか。
    • 瞬チャンと鳴海ハンのプライベートがどンな騒ぎになってるか気になって気になって仕方なかった私ですが、瞬チャンは相変わらずひとり麻雀研究していました。ほんまにこのコは……。直前に掲載の「江戸前の旬」「Angel」は結婚エンドだというのに、その直後に間3ケンがどうたら言うとる瞬チャンを見たら読者の心がポキッと折れますよ……。いや、これが瞬チャンのいいとこなんだけどね。でも鳴海ハンだけはホンマに大切にせないかんで!!!!!!
    • 2連続で星野さんに振り込む菊多。心を折るってこういう意味だったのね(でも瞬チャンが言うのは許しません)。三國さんに振ったときは3秒くらいで立ち直ってたのに、格下と思っていた星野さんに振るのはショックなのか。しかし菊多、三國さんに会う前の人生は心が折れるとか折れないとかいう次元の問題ではなかっただろうに、メンタルが弱いとは思えない。この赤坂、私はやはり菊多に勝って欲しい。でないと意味わからんよなあ。三國に恩を仇で返した意味が。
    • 津神さんはそうやって人を呪ってるから髪の毛が減るンですよ。
    • 荘さま、どこぉぉぉぉぉ
    • 先週書くのを忘れましたが、今年生まれたこどもの名前・男の子部門41位が「遼」だったそうで、遼チャン! 遼チャン自身はウルトラ昭和だけど、これでナウなヤング(1歳未満なので相当ヤング)の仲間入りだね!!! というか、「影村遼」ってはじめ源氏名だと思ってましたよ……。いまでも薄くそう思っています。ほかの登場人物では、瞬チャン、入星さん(祥吾)もカッコイイけど、津神さん(元)と三國さん(健次郎)もちょっと古風でいいですね。しかし来賀作品だと一番カッコイイのは「幻影」さん(@てっぺん)だよねえ。あれ、本名なんでしょ。親、めちゃくちゃセンスいいよね。
  • 九十九森+さとう輝江戸前の旬」
    • この漫画、さすがに天牌ほどは突き抜けてないということがわかりました。しかしそれでもクリスマスプレゼント・米/寿司は突き抜けてました。

*1:はじめは菊池寛の『恩讐の彼方へ』とかけてるのかと思ったけど、全然関係ないやんけ。もう殺しとるがな。