読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

今週の「天牌」のアオリは「知りてえ。確かめてえ。牌の海原の底に何が眠ってやがるのかを。」

  • 来賀友志+嶺岸信明天牌
    • べらぼうめいっ! べらぼうめいっ! 遼チャンの言う「全国制覇」とは、「雀荘チェーン全国展開」のことだった!!!! ごめん、バカウケした!!!!!!
    • いや、ここまでは想定の範囲内。問題は「売りになる店のコンパニオン」という発言。
    • コンパニオンンンン〜〜!?!?!? 遼、お前、ギャル雀始める気か!!!! あらゆる意味で無謀すぎ!!!!! イケメン雀荘だったらわかるよ。三國さんとか中釜さんとか奥寺さんみたいなリタイア組おじさまが優しく♥♥♥してくれる雀荘を開業したら、日本中のヤング男子が大津波のように押し寄せてきて大儲けのHIDARI★UCHIWAでウハッってなもんよ!!!!!!!
    • と思わず現実逃避してしまいましたが、来賀嶺岸、今度こそ本当に後戻りできないところまできましたね。『鉄砲』でもフリー雀荘のエピソードがあって、あれはおもしろかった。あと、いまは亡きいにしえの麻雀漫画雑誌に来賀さんがフリー雀荘経営の漫画を連載していた(そして時空の果てに消えた)と聞いたこともあるけど、ホントなのかしら? 「麻雀で社会的に成功する話」を扱う麻雀漫画はたくさんあって、その多くが「競技プロとして頂点に立つ」とか「麻雀でコミュニケーションを深め合う」といったもの。だが、それは現代においてあまりに絵空事すぎる。遼チャンのいう「雀荘チェーンをビジネスとして成功させる」は「麻雀で社会的に成功する」ことの最も現実的な答え。確かにそうだ。来賀さんにとってはずっとやりたかったテーマなのかもしれない。でも、それを天牌でやる必要があるのかな? しかもなぜ遼が? こういう話こそ専門誌連載の「ゴロ」でやればいいのでは?
    • などなど、いろいろ不安だけど、今後に期待!!! でも私はやっぱり既存の店を「麻雀で勝負だ!」で乗っ取る旅打ちに出る!!! ってのがいいなあ。若いコはやっぱ青春18きっぷ、だよね!!!!
    • で、現実問題として来賀嶺岸が女子描けない件に関してはどう解決するおつもりか。まさか女子は女子でもババ雀ガオー? いやほら嶺岸先生ババア描くセンスは異常にあるからさあ。
    • 一方そのころ赤坂では、艶美男が俺狙い!!!
    • 今夜の源八っぁん、なんか、いつもとチガウ……♥
    • 星野さんが超男前な一方、荘さま、またも出番なし。いつまでじらすおつもりか。
    • それはそうと、みなさま先日発売の天牌外伝』18巻はお求めになりましたでしょうか。18巻は1冊まるごと「黒沢さんがツモった男たちスペシャル」で最高でした。特に最後に入っている話がすごすぎてすごい。いやー。すごかったすごかった。幻覚を見たのかと思った。確かに雷門前にいるあの男子たちは来賀嶺岸的にガチでマジモンのイケメンですよね。超さわやかに声かけてくるし。そして浅草大黒屋の天丼は確かに美味しい。あの甘辛いタレが染み込んでしっとりとしたエビ天は、天牌大好きっコなヤング男子諸君も気に入ると思います。これからもぜひ「ご当地麻雀+ご当地イケメン+ご当地グルメ」の三本立てでお願いします。そして「食漫」に電撃移籍。
  • 平松伸二「戦国SANADA紅蓮隊」
    • お願いですからコッテコテに濃いぃぃ人を3人もいっぺんに出さないでください。姫さまもコッテコテすぎます。
  • 今泉伸二「神様はサウスポー DIAMOND」
    • なんかこの作品、だんだんゴラク色に染まってきてますが、大丈夫なんでしょうか。