TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 麻雀漫画ワーストヒロイン

突然ですが、麻雀漫画ワーストヒロインの時間です。


worst 5.『麻雀無●会社ZANK』のヒロイン(名前忘れた)

すいません。本そういちさんの趣味についていけませんでした。『ZANK』は単行本持ってないので画像はなし。


worst 4.『天●』のゆか


ていうか、すごいフェードアウトっぷりにびびりました。瞬チャンとはマジで何もなかった(ミーコと波溜師匠的な意味とは全く違う意味で)としか思えないところがまたすごいです……。

worst 3.『北の●』の雪子


全く共感できません。言いたいことはとってもよくわかるんですけど、ここまで恋愛体質な女は現実的に痛い&ウザイです。深夜のファミレスでこういう話で盛り上がってる人たちっていますよね! 的な意味では理解できます。まさに漫画のなかでしか存在し得ないヒロイン、現代では不可能。

worst 2.『リスキー●ッジ』の春香


ないわ〜。
いろいろと意味がわからん。いつだったか帽子にバスケットにジャンパースカートでどっかのばくち場について行く話が普通にサイコすぎて「すげーーー!」と思った。吉岡と同棲しているという設定が設定にしか見えないのがすごい。吉岡をサポートする役割でしかないなら、その役割は寺田(?)に全部振ってもよかったんじゃないのか。しかし私は今なお吉岡をなぎ倒すのは春香しかいないと思っているのです。うぬらもの言わぬ肉片にしてくれるわっ!!!

worst 1.『東●を出たけれど』


この70年代の麻雀漫画みたいな女性描写はいったい……。
失礼だが「アルカイックスマイル」と「リーチすればよかったね」(正式タイトル忘れた)というエピソードはもはや不快の領域に達している。以前はゲストキャラ全般の内面描写を一切行わず、主人公がひとり合点ていうかゲストキャラの実際とはズレているとしか思えない解釈をするのは、主人公は他人の気持ちを理解できない世間知らずということ表わすための意図的な演出なのだと思っていたが、そのあたりどうなんでしょう? どのみちこういう女性キャラを求める読者がいる限りオヤジ漫画は死せずという気もする。