TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

今週の天牌のアオリは「盃事。その契りは絶対――。」

340円しか持ってない状態でゴラク買いにいっちゃってヤバかったです。ゴラク、いつの間に320円になったの? 

  • 津神と遼の上×下関係が気になる今日この頃、兄弟盃ってのは「五分の兄弟」の対等関係から始まり五厘下り四分六と進むにつれその服従関係は増していくそうです。普通の世の中と逆ですな。遼チャンは波城組入りをやめて自分の道をいくことに決めた模様。遼チャン、そのほうが遼チャンらしいよ! そして津神さんの頭部の激和了*1っぷりが時代劇漫画のチョンマゲよりすごい件。
  • えっ!? 次回最終回なの「外道坊&マーダーライセンス牙」。「外道坊&マーダーライセンス牙vsブラックエンジェルス」に進化するのでしょうか。てか牙にはずっと女装しててもらわないと顔の区別が……。
  • 教えていただきたいことがあるんですが、巻末コラムのお笑い芸人がコンビで対談してるやつ、あの芸人さんたちって、「SPA!」の情報を鵜呑みにし小池一夫のマンガに載ってる「オンナはこう考えてる!」話を真に受けてる痛い人、っていう芸風なんですか??

*1:はげあがり と読みます。「盛王GUY(もりおうがい)」風に表現してみました。"盛"ってる男子のことを「盛王GUY(もりおうがい)」って言うらしいです。ていうか、私、「盛る」って「さかる」って読むと思い込んでました。