TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 近代麻雀 8/1号

  • 来賀×嶺岸……じゃなくてキンマ的には嶺岸×来賀の「麻雀群狼記 ゴロ」が新連載! 来賀さんのほうは来賀友志名義でのキンマ連載は「俺の選択」以来10年ぶり? 名義は違うけど来賀嶺岸コンビの連載は『鉄砲』から5年ぶり。来賀さんがキンマに再登場するとは思わなかった。超嬉しい! 今回の舞台は1980年代の第2次麻雀ブームの時代。主人公は来賀嶺岸と同世代かしらん。安斉クンをはじめ、登場人物はそれぞれモデルがいるような感じですが……。今回は28歳とは全く思えないやんちゃBOY主人公の顔見せって感じでした。18歳でも通用するぜよ。これ、隔号じゃなくて次号も載るのね。来賀嶺岸、馬車馬! 次回が楽しみです。
  • デジタルvsオカルトのテレビ対局開始! の「ミーコ」、女流プロのデジタルvsオカルト対決はいいが、鈴鳴がよもやのデジタルとは……。
  • 一方その頃「白 -Next Generation-」ではタケルくんがイケメンゲットしてました。じゃあ最速さんにはパシリとして毎週ゴラクの早売りを買ってきてもらいましょうか。
  • 「幻刻の門」は次回最終回。このまま続けると来賀嶺岸と内容がカブり、同じ雑誌に同じような内容のマンガが載ることになるってのはわかるのですが、もう少し読みたかった。現代編やりませんか?
  • てか、夢じゃなかったのネ、鷲巣様のあのアガリは……「アカギ」。