TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 天牌三大イケメン

  • 影村遼
    • 触角は嶺岸美形の証、昭和のヤング!


  • 三國健次郎
    • もはや来賀嶺岸が何がしたいのか誰も理解できない国士無双のイケメン!


  • 中釜清蔵
    • 反則クラスのダンディお父さんキャラ!


どこに向かって発奮しているのか謎! イケメン登場人物を選んでみました。
天牌』以前と『天牌』以降では嶺岸先生のイケメン定義が変わった印象があります。昔の嶺岸イケメンというと『勝負師の条件』でいう桂木タイプ(ほわ系)か剣城タイプ(鋭い系)に大別されていたと思いますが、『天牌』以降ではカテゴライズ不能の独自センスのイケメンが多数登場。世のナウな漫画評論サイトはすべからくこれを研究すべき!
このイケメン♂パラダイスぶりは誰の陰謀なんですかね? 普通男性読者が多い雑誌ではイケメンの数は控えられるべきものだと思っていたのにこの状況……。女性の漫画家にイケメン漫画を発注してもここまでイケメンまみれにはならないと思います。気恥ずかしくて。
天牌』がまたゲーム化されるなら、麻雀でどれだけメンズを魅了できるかを争うSLGにして頂きたいです。ライバルは黒沢さんで、黒沢さんより先により多くのメンズのハートを一発ツモすることが最終目標。麻雀でいいところを見せれば君の瞳にテンパイゲージが上昇、max(聴牌)時にかっこよくツモ和了すると観戦者や同卓者のハートもツモれるという内容。夜露卑苦!