TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

今年一番驚いたことは、八角さんの牌呑み。

今年下半期から、70〜80年代の、いわゆる劇画と呼ばれるジャンルの麻雀漫画の紹介に力を入れてきました。


何冊も読んでいくと、当時の劇画青年誌の雰囲気、大人向け娯楽としての劇画やアンチ・マンガとしての劇画の存在を読み取ることができ、そのおもしろさに魅了されました。古本の楽しみと同じですね。
漫画でいうと貸本系は古本筋のマジモンのマニアが存在し、評価・研究が進んでいますし、ガロ系や少女漫画やホラー漫画はオタク筋のマニアが存在してこれまた評価・研究が進んでいますが、そういった筋のマニア層が劇画系には流入しにくいのか、劇画系は小池一夫などの例外を除き、研究サイトがあまり存在(現存)しません。
劇画自体もそうですが、麻雀劇画は偏見によって不当に貶められていると思います。いや、マジでカス・クズとしか言えない作品がボラのようにわきまくっていたのは事実とは思いますが、そのカスクズっぷりも美点のひとつです。一元的な読み方で評価すべきものではないと感じます。例えば古臭くておもしろくないのなら、なぜそれがおもしろくないのか、なぜ当時そのような描写がなされたのかを丁寧に拾っていく必要があると思います。消耗品として読むのではないもっと違う楽しみかたをしていきたい、麻雀劇画のおもしろさが正当に評価されるようにしていきたい、と思うのが私が思っていることです。私自身、オールド劇画は読み始めたばかりで、知識不足による不備・誤り・至らない部分も多くありますが、ご覧頂いている方々と一緒に少しずつ研究していければなと思っています。


以上、長くなりましたが、今年も本ブログを閲覧いただき、誠にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。



┃更新情報
麻雀漫画クロニクル更新

  • 麻雀漫画リストを作品名50音順にしました。
  • すべての麻雀漫画レビューに書影をつけました。