TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

花ござへ桜散りしく御殿山

花見酒

鈴木友志『まず覚えよう 麻雀カンペキ点数計算』と能條純一哭きの竜・外伝 3巻』を一緒に本屋のレジに出そうとして気付きました。この買い方はあまりに微笑ましすぎると。


点数計算の本は、点数計算と関係ない、麻雀自体についての解説の部分がとてもおもしろかったです。日本での点数の数え方のほかに、なぜか中国麻雀での点数まで併記されています。「一気通貫:二翻…中国では:清龍・12点」みたいに。中国麻雀の点数計算の仕方まで載っていました。
ほかにもなかなかかおもしろい解説が多く、「清老頭四暗刻(のダブル役満)に放銃は、当然タンキに放銃ですが、こんな手に振り込んだら、たぶん熱が出るでしょう。」とか、「(中国のアガリ役の中に)あなたのフィーリングに合う役があるかも知れないし」とかいうような解説に惑わされすぎて、いまだ役の解説を読んでおり、肝心の点数計算を説明するページまで辿り着けません。