TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

キイルロワイヤルですねっ

名人に名手なし!

鬼押し出し」は浅間高原にあり!




┃更新履歴
カテゴリ「麻雀漫画でポン」の記事「00 麻雀漫画詰め合わせセット」に以下の3作品の感想を追加。

『あさすずめ』には大変ときめいた。文学青年と、彼の文学上の憧れの人の妹の恋とは、『耳をすませば』よりすばらしいシチュエーションだ。ミルクホールで主人公と女の子がデート?している場面は、『ノーマーク爆牌党』で爆岡と宝燈美ちゃんが映画デートしている場面に匹敵する名デートシーンだと思う。あれは本当にいい。鉄壁くんと宝燈美ちゃんの関係にはスウィートさは感じないが、爆岡と宝燈美ちゃんの関係は実にスウィートだ。『打姫オバカミーコ』は、あまりにもふたりともしたたかで、師弟以上恋人未満しすぎていて、いまいちもどかしさや見ているこっちが恥ずかしくなるわ的トキメキ度は低いが、「きみがすし」は名シーンだ。波溜師匠のしらじらしさはすばらしい。さすが「偽りの愛」である。その点、『天牌』は全然だめ。来賀先生は毒素をしこたま吸い上げられられてカワイイ話を書けばいいと思う。