TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

浪漫飛行

先日、埼玉県所沢市の航空記念公園にある航空発祥記念館に行きました。
航空発祥記念館は航空についての展示を行う博物館で、ものを浮かせる・飛ばすという原理の説明から、航空史の解説、実機の展示などがあります。贅沢を申し上げるとすれば、順路の誘導や展示手法はもっとうまくできそうな感じでした。時系列に沿って航空史を一覧できるようなものがあればいい。航空機の速度の発展に関してはそれがわかりやすく解説されており、とてもよかったと思います。飛行への妄想と失敗作の歴史などもあったらおもしろいかな。
フライトシミュレータをやりたかったのですが、明らかに航空機オタクだと思われるお父様がゴキゲンに操縦していらっしゃったので、遠慮しました。そして途中にあったひこうきカルトクイズは難し過ぎました。実機展示はホントいいですね。ところで、飛行機って機体に取説みたいな説明が書いてあるんですね。なるほどといった感じです。



さらに西武新宿線のしっぽのほうに行き、麻雀漫画を大量に取り扱っているという言い伝えのある古本屋へ。遠かったのですが、行ってみると、在庫数も品揃えもとてもすばらしいお店でした。表に並んでいない在庫もかなり充実していたようです。
欲しかったものがいろいろと買えて嬉しかったのですが、その店が麻雀漫画を置きまくっている元凶となっている店員さんのほうが遥かに嬉しそうな顔をしていました。彼は何年もあの地で我々のような客を待ち続けていたのでしょうか。誰も買わないとわかっていながら、彼はなぜこんなにも麻雀漫画を蒐集してしまったのでしょうか。そして今後、彼とあの店とあの不良在庫(失礼)はどうなってゆくのでしょうか。疑問は尽きません。
しかし、バイトらしき女性の店員さんは冷たい目でこちらを見ていました。
やめろっ…その…なにか…微笑ましい(というか痛ましい)ものを見るような目っ…!
いや〜しかし本当にすばらしいお店でした。なんでもないところへの遠出はなかなか楽しかったし、荷物が多くなり過ぎそうだったので買わなかったものもありますので、また行きたいと思います。*1

*1:PCエンジンとかセガマークIIIとかファミコンのあの変なロボとか、レトロゲームにもものすごく力が入っていました。