TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 春風にようこそ

福本伸行 竹書房

  • 「麻雀ゴラク」連載(1989年頃)
  • 全1巻

春風にようこそ (近代麻雀コミックス)
┃あらすじ
伊豆のしがない民宿「春風」。長男・春海勇介は、長女・白雪、次女・紅子、三女・みどり、住み込み使用人の天野寒三さんとともに「春風」を切り盛りしている。彼は、数少ない宿泊客に麻雀を通してあたたかな風を吹かせる。

ブックオフの100円棚によくある麻雀漫画。ラスト2話の白雪の言動に一貫性がないことが気になるが、なんにせよタンピン三色イーペーコーはうれしいと思う。寒三さんはなかなかのヤリ手と見た。そういうわけで、麻雀漫画というより、ほのぼの人情漫画。

※追加情報 ラストが異様にはしょっているのは、連載誌「麻雀ゴラク」休刊にあわせたためだと推測される。