TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 めとろガール

入江紀子 竹書房(1992)

  • 闘牌指導:山根泰昭、布施清恵(第1話のみ)、馬場裕一(単行本描き下し分)
  • 近代麻雀オリジナル 1991.11-1992.8
  • 全2巻

めとろガール 1 (近代麻雀コミックス)
┃あらすじ
平凡なOLだった山瀬絵里は、「すきなことを仕事にしよう」と思いたち、会社を退職して雀荘勤めをはじめる。めちゃくちゃな新人バイト・唐木、となりの雀荘のスカウトマン、娘を心配して上京してきた父、プロを目指す同僚、正体不明の店長…、そのほかいろいろあって、落ち込むことも多いけど(?)、私は元気です。

かなり乙女な漫画。よい意味で少女漫画っぽい雰囲気がある。自分の好きなことをやり続けられるというのはとてもすばらしい。私は現在山瀬と同じ歳。山瀬が言っているいろいろなことは、とてもよくわかる。でも、山瀬のようなおしゃれな生活はできていません。