TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 次郎長放浪記 第17話 八人の漂着者

原恵一郎+阿佐田哲也 コミック乱リイド社)連載

弟を救出せんがため乗り込んだ流刑地・獄衍島で、謎のバテレンクーマン神父に捕らえられた政。政は弟の解放を賭け、クーマン神父とのブラックジャック勝負に挑む。しかし、どう考えても次の札がわかるとしか思えないクーマン神父の圧倒的な引きの前に破れ去る政。そして3か月後…、獄衍島には次郎長と石松の姿があった。島の長老(?)から語られる、クーマン神父の真実とは…?





ついに始まったクーマン神父とのトランプ勝負。2か月前は「すとれーとふらっしゅ」とか言ってポーカーしていたのに、今回おっ始めたのはブラックジャックでした。確かに原作『次郎長放浪記』に「金吾」をやっているシーンもあるので、うっすらと原作を踏まえているようないないような展開です。それにしてもかなり漫画らしい展開。原先生は浦沢直樹になれるのか。次郎長とクーマン神父、或いは居合い使いのイケメンとの勝負の行方が楽しみです。


┃金吾
花札を用いたブラックジャックのようなゲーム。この遊びは、まず各自同額の掛け金を積み、親が2枚の札を配る。子は、2枚のうちどちらか任意の札を選び(2枚とも捨ててしまうこともできるが、その場合は掛け金没収)、その1枚を軸にして、月数の合計が15になるまで何枚でも引くことができる。15を突破してしまうと「バレた」といってアウト。きっちり15でまとめるとその場の掛け金をすべて自分のものにできる。11から14までなら、そこでやめて、誰も15にならなかった場合の数勝負に持ち込むために待機することもできる。以上、阿佐田哲也『次郎長放浪記』より。