TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 今週の天牌 これだけはいわせてください

よっちん…、柊くんと同じ思考ではあのデコたちには勝てないのだ…!がんばれ若者!

そして中釜さんはこのままでは津神の言った通りになりそうです。
あと、三國さんがまた爆弾発言しました。来週は菊多の爆弾発言に期待です。

というか、白馬の王子様にゴラクで出会うとは思いもしませんでした。バースデーケーキにぶっ刺さっとる蝋燭は丑の刻参りに使うヤツにしか見えません。天牌を立ち読みするつもりが、違う漫画を必死に立ち読みしてしまう私…



天牌の登場人物紹介
今回は波城組ヤングボーイズ そして知り合いに似ている人たち


no.9┃伊藤芳一(いとう よしかず)
「完全頭脳」がキャッチコピー。
通称よっちん。東大工学部3年生というエリートながら黒沢さんの弟子として麻雀の腕も立つウルトラマン…でしたがいろいろあって今は荒れている子。津神さんと再戦したくて、渋谷の雀荘をほんまにシメるとか言いだしたときには、あまりに素直でまじめすぎてびっくりした。ピアスに金ネックレスで初登場したときから考えると、イメージが一番変わった(堕ちているという意味ではなく)気がします。いろいろ辛い事も多いけど、朝は必ずやって来る、いや、やってきて欲しい子。
よっちんが初めて煙草に火をつけるシーンを見ると、見た目(だけ)とってもピュアな男のコってカンジ♪な友人が煙草を吸っているのを初めて見たときの衝撃を思い出します。その友人はギャンブル狂だったのでピュアもへったくれもないんですけど。



no.10┃北岡静一(きたおか せいいち)
「電脳超新星」がキャッチコピー。
ネット麻雀のチャンプにして津神の秘蔵ッ子代打ちという若者。三人兄弟の末っ子で、兄弟うちで一番道を踏み外している子。また、万札しか身に付けないという奇妙な習性を持つ。ちょっぴりデコがヤバいけどそこもまたキュート。ホントはいい子なんだよね。いやよくわかんないけど。でも、必死に携帯を隠そうとしてた奥寺さんからその携帯取りあげたときは、爆笑しました。今んとこ派手な出番がないので、今後に期待。
★出てきたときはこんな若者いねーよと思ってしまいましたが、よくよく考えたら北岡ちゃんにそっくりな知人がいたのでした。原宿のキャットストリートで、まあっ♪ちょっと(いろいろな意味で)アレなおにいさんがアサッテの方向に手を振っているわ♪…と思っていたらその知人が私に向かって手を振っていたのでした。