TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 赤木さんと麻雀やろうぜ!

今日も今日とて帰宅したらまたもや「アカギ麻雀セット様からのお届け物です」という宅配便の不在時票が入っていました。
だからアカギ麻雀セット様から届いたんじゃないってばカンガルー便
幸い当日再配達時間内だったので、ドライバーに電話して再配達をお願いし、住所を告げると、
「ああ〜麻雀牌ねっ!」
と言われました…。それは言い分けご無用の本当のことなのでしかたなく
「そうです麻雀牌です。」
と答えるとおもっきり笑われました…。
それから数分後、アカギ麻雀セットを抱えてスマイルで現れるカンガルー便ドライバーのおっちゃんっ………!


カンガルー「はいっ麻雀牌!……これって何かのプレゼントで当たったの?」
私「はい〜そうです〜。」
カンガルー「やっぱりな〜、俺ほかにも何個か届けたもん。皆若い女性だった!」
私「………………ごくろうさまでした〜!」


というわけで、永遠の謎「アニメのアカギのDVD購入特典の麻雀牌全員プレゼントは一体誰向きの企画だったのか」への答え「若い女性向けだった」は、カンガルー便によってもたらされたのでありました。若い女性にアカギが人気とは、ananもびっくりの新事実です。この界隈だけでも何個も届ける羽目になったとは…、カンガルー便も大変です。


届いた荷物をさっそく開封してみると、結構立派な牌で驚きました。こんなそれなりのお値段しそうな牌を応募者全員にプレゼントしていいのでしょうか?DVD-BOXって、前編後編両方を定価で買ったとしても4万円程度のはずです(アマゾンで買うと3万2千円くらい)。……元とれてないんじゃないでしょうか。

で、箱にはちゃんとアカギの絵が描いてあり、さらには例によって赤牌には赤木の顔が描いてあるのですが……、これがなんと、近代麻雀のプレゼントでもらえるアカギ牌と柄が違っていました。
ちゃんとアニメ絵の赤木でした。
冷静に考えたらそうですよね。アニメのファンの人は、アニメの絵でアカギを認識しているわけで、福本先生のキュビズムにしてロシアアバンギャルドチックなアカギの絵が好きとは限らないですものね。個人的には福本絵のアカギ牌が欲しかったのですが…、キンマの懸賞に当たるまでアンケートを出しまくるしかないようです。
ちなみに福本絵のアカギ牌は麻雀業界日報さんに紹介されていました。かつて、この記事を初めて見たときは、普通に本物をお持ちなのかと思って、いろいろな意味で「さすが…」と思った記憶があります。アニメ絵でも所詮アカギ牌はアカギ牌、バカデザインでございます。


なにはともあれ、嬉しい一品でした。ありがとう、バップ!その心意気に敬意を表します。
あとはこれで遊ぶ面子を集めるのみ!



┃アカギ牌はTOBOO!さんにもばっちりな写真付きで紹介されていました。確かに盲牌もへったくれもないアカギの感触。