TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

採血タイムだっ…!

今日は健康診断でした。
私は健康診断がものすごく嫌いです。中でも最悪なのは採血です。採血で貧血を起こしてしまう人もいると思いますが、私の場合は採血されていることを考えること自体がむしろ貧血を起こす原因になります。まず腕に針を刺すのがいやです。そしてゆっっっくりと血を抜かれていく感覚も嫌です。正直、鷲巣麻雀編のアカギは直視できません。
だから、『天』のラストで、赤木が腕に針を刺しながら何時間もヘラヘラしているのが全く信じられませんでした。そもそも、私としては、腕に針を刺した時点でこれで楽に死ねるってわけよどころじゃないです。だって針刺すこと自体、痛いし血が出るやないですか…しかもそれが刺さりっぱなしなんて、考えただけで…!
とか考えながら診察室に呼ばれるのを待っていたら、一緒に健康診断を受けていた会社の人に
「君って麻雀漫画好きなんでしょ。命を賭けて闘うんでしょ。」
と言われてめっちゃびびりました。もうひとりの人にも
「えっ麻雀好きなの…!?雀鬼…!?」
とか言われるし…。誰がそんな余計なことを洩らしたのでしょう…。いや…、確かに休憩時間にオカルティ読んでたことはあるけど…別に片山まんがでは命賭けて麻雀打ってないし…!!


ところで、新世界の神の創造主(画)が捕まりましたね。花輪和一が銃刀法違反(実銃所持)でしょっぴかれたときは即『刑務所の中』でした。新世界の神の創造主(画)はどうなるのでしょうか。私がただ言えることは、「『刑務所の中*1はめちゃくちゃおもしろかったなぁぁぁ〜」ということです。『刑務所の前』*2の新刊が出るのも楽しみです。

*1:この漫画から明日使える名言は「願いまぁ〜す!」。

*2:この漫画から明日使える名言は「ねんぴかんのんりき」。