TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 第26話 狂気と闇と

┃放送日 2006.03.28
┃原作でいうと 第12巻106話〜109話半ば+α


┃今夜の流れ
先の1筒頭ハネで完全に崩れた鷲巣は3回戦南場、4回戦と大崩れし、ついに倒れてしまう。もう5回戦はないかと思われたが、アカギはそんな鷲巣の目前で血を破棄して鷲巣を挑発する。そしてその挑発を受ける鷲巣。勝負は狂気の5回戦へと突入する…。


┃今夜の名言
このままじゃこの狂人にひきずられ俺まで地獄逝き…!


┃今夜のツッコミ
こいつは悪魔だ
全ての牌を知り尽くし
全ての局を支配している


┃今夜の闘牌はDOCHI !?
鷲巣麻雀3回戦南場〜4回戦〜休憩〜5回戦開局。
赤木さんが点数申告しているだけで特にこれといった闘牌はなし。ベタオリと暴牌の連続の鷲巣様、完全に麻雀が崩れています。ずいぶんと荒い麻雀を打つね です。
ただ、鷲巣様が裏目引きと言うのも面倒なくらい地味な牌を引きまくっていました。


┃当時の思ひで
そして伝説へ… な回。
個人的にはノー爆によって「麻雀で最も悪いことは自分の打ち方が乱れること」ということを刷り込まれているので、ここは鷲巣様にもがんばってもらいたいところでしたが、振り込み過ぎて倒れてしまった鷲巣様。私もよく半分寝ながら『麻雀やろうぜ!』やってると理想雀士のイケテル10匹手にふりこんでそのまま寝たりします(関係ない)。
今回は吉岡も仰木さんもみんなでよってたかって赤木を悪魔呼ばわりしてます。よく言ったものです、「あくまより、あくまみたいなにんげんがいちばんこわい」と。
そしてラストシーンで1999年の銀座が映ったのですが、ほんの本当に一瞬、中年赤木さんが出てきました。これにはちょっとテレビの前で「おおっ…!!おおっ…!!」…。しかし、白のストライプのスーツに虎柄シャツって、どんな阪神ファンのオヤジだよ…と思いましたが、とりあえず、マッドハウス(近所)に向かって敬礼しておきました。


さて、半年間楽しませて頂いた『闘牌伝説アカギ』もこの回で最終回でした。原作終わってないのに、よくもここまで綺麗にまとめたもんだと思います。ほんとに面白かった!!毎週放送が楽しみでしょうがなくて、放送がはじまる直前はうき…うき…とテレビの前に座っていたものです。時期的には卒業制作の大詰め時期と重なっていて、精神的・肉体的にかなり辛い時期だったんですが、そんな中でも、周囲にアカギを知っている人が増えたりアカギネタで仲良くなった人ができたり、ちょっと周囲に変化があって、楽しい半年間でした。とにかく、ありがとう日テレ!
そしてこの記事「アニメdeアカギ」は別所からの再録&再編集なので、当時の感想を書いたテキストを見ながら改めてDVDで見返しつつ記事を書いていたんですが、映像を見返すと当時のことをいろいろと思い出して楽しかったです。これでひとまずコンテンツ「アニメdeアカギ」は完結しますが、近々のうちに再編集&追加記事(DVD特典映像&われポンレポートなど)をつけてきちんと終わらせたいと思います。