TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 悪党パンチ 最終話

原恵一郎 別冊漫画ゴラク
誰からもごはんに誘ってもらえないラモンくんは、天童のオヂサンが悪い人だとわかっていても、ついつい誘いに乗っちゃいます。またも天童のオヂサンの事務所で寿司をご馳走になっていたんだけど、そこでラモンくんは現金輸送者の強奪を頼まれちゃって……


今回はごく普通の話でした。
というか、最終回になってやっと普通の話になったのか………
というか、最終回なのにこんな普通でいいのか…………


悪党パンチはこれにて第1部・完(別ゴラ前号にはそう書いてあった)
そしてまたも最終ページのハシラのキャッチが光る。


→原先生の次回作は、9月27日発売号より開始します!


ざわ………




それよか大変なのは『画鬼』です。
どう見ても風の三日月です。
というか、この最終回真際のイッてる展開、三日月の最終回真際の展開そのものです。
なんかよくわからんけど、複雑な血のつながりの家族がよーわからん空間に集合してます。
死に役?の他人もいるよ。もちろんおとーさんは仮面です。
リーチ一発ド高め、風の三日月と打天使が暗刻で乗って2兆点。