TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 熱烈歓迎むこうぶち的餃子中心

新宿の「老辺餃子」という餃子専門店に行ってきました。


う〜ん…
ここは…
……むこうぶち……?


人数が多かったので奥の別室?みたいなとこに通されたのですが、この店、ナチュラルに狂った内装でステキでした。なぜかある変な中国風のついたて、壁に飾られているのはおたまじゃくしにしか見えない変な墨絵、そして天井にはなぜかステンドグラス(なぜかドレス姿の女性がパラソルをさしているという西洋風の絵)。そして料理人が水餃子を運んで来てくれるとき、その後ろで、劉大人のお部屋にいた執事みたいなかんじのボーイさんがドラを鳴らしてくれました(意味不明の演出)。劉大人のお部屋に行ってみたいという人はぜひここからはじめてみてください。ていうか、ドラを鳴らされるとドラがめくれる気がしてなりませんでした。(@SWEET三国志

ドラを鳴らしてくれる豪華なコースは3900円くらい、中国酒を飲むと予算は5000円くらいです。2500万なくても1億なくても、劉大人のお部屋に行けた気分になります。