TOKYO巡礼歌 唐獅子牡丹

麻雀漫画と昭和の日本映画と文楽(人形浄瑠璃)について書くブログ

 二の二の天和

闘牌伝説アカギ』のDVD-BOX2の映像特典「鷲巣麻雀」を見ようかと思い、今回は自力で見る(何待ち?問題をクリアする)のではなく、一か八かで見る(天和引き)をやってみようとチャレンジしていましたが、何回やっても天和なんて引けません。積み込めよ!と思って10回くらい引いていたら、アカギさんがやさしく「しょうがねえな…見せてやるか…」と言ってくれました。さすが闇に舞い降りた天使(※)。自分は極度の面倒くさがりなので、天和引くまで牌を開け続けるくらいなら、何待ちやったほうが速い、といつも何待ちやってたんですが、やっぱり麻雀出来ない人に対する配慮もあったんですね。何待ち問題もすごく簡単なものばかりですが。

※昔、近代麻雀の読者コーナーの、アカギ携帯アプリ紹介コラムがなぜか『闘牌伝説アカギ-闇に舞い降りた天使-』と強烈に誤植していた。